健康食品と成分表示

最近は健康食品ブームと言われていて、店頭へ行くと様々なサプリメントなどが売られ、ネットでも健康飲料など色々な種類のものが売られています。


商品によって健康食品、サプリメント、健康補助食品、健康飲料様々な言い方がありますが、これらすべては一般に健康にいいと言われている食品を指します。
食品に関する規制も色々ありますが、健康食品に関係するものの規制の一つに健康増進法という制度があります。


健康増進法は、厚生労働省によって定められていて、国民の栄養改善や健康維持、増進をはかることを目的として制定されています。
販売する食品については、邦文によって栄養成分、熱量を表示したい場合、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム及び表示された栄養成分の含有量記載することが健康増進法によって定められています。
また、各成分について「高」「含用」などと記す場合、「無」「低」などを記す場合、満たさなければならない基準が定められています。


健康食品と言われるものの中は、規格基準に適合すれば特別な許可が要らない「栄養機能食品」と言われるものと、許可申請の手続きが必要な「特定保健用食品」「特別用途食品」と言われるものがあります。
このサイトでは、特別な許可が要らない、食品製造者または販売者が自己認証による「栄養機能食品」と言われるものについてと、許可申請が必要な「特定保健用食品」「特別用途食品」についてさらにくわしく説明します。


[PICK UP]
健康飲料と言われている青汁を原料別に比較しているサイトです・・・青汁 比較